口座開設までの手順


「香港の香港上海銀行・BOOM証券口座開設サポートの依頼方法」のページから口座開設までの手順を引用します。(手順が変更になっている場合もありますので、該当ページでご確認ください)
香港の香港上海銀行・BOOM証券に口座を開設するための手順はいたって簡単です。

口座開設手順 ステップ1

申込フォームに必要事項を記入の上で送信してください。内容を確認後、株式会社IFCより口座振込先を記載したメールが届きますので、 [三井住友銀行][ジャパンネットバンク][郵便局ぱるる]より指定された金額をお振込みください。

口座開設手順 ステップ2

振り込み確認とともに、株式会社IFCより口座開設キットを郵送いたします。口座開設キットには、口座開設依頼書とお送りいただく書類の注意事項を記載した書面、口座開設後の海外送金方法、カードのアクティベーション方法を記載した書面などが入っています。中身を確認の上で依頼書に必要事項を書き込み、パスポートコピー、運転免許のコピー等を同封の返送用封筒により返送していただきます。返送された書類の確認後、直ちに口座開設書類を作成し、香港にEMS便にて発送します。(この際に発送したEMSナンバーなどをメールでお知らせします)

口座開設手順 ステップ3

発送後約10日間で(担当によって遅れる場合もあります)登録されたメールアドレスに口座が開設された旨のメールが届きます。

口座開設手順 ステップ4

さらにEMS送付から20日間程度で、皆様のお手元に香港の香港上海銀行から口座キットが黄色いビニールバックでDHL便で郵送されてきます。さらにその後PINコードなどが書かれた書類がDHL便が届きます。既に送付しております口座キット確認シートにより郵送物を確認してください。中身が間違いないか確認してください。なおこの時点で海外送金が可能ですが、着金の確認が出来ませんので次ぎのステップ5が終わってから、海外送金を行うことをお勧めします。

口座開設手順 ステップ5

DHL便が2つ届いたら、既に送付しておりますカードのアクティベーション手続きを行います。カードを有効化が完了すると直ちにインターネットでの取引が可能になりますので、インターネットログイン方法を見ながら、操作を行ってください。さらにこの時点で海外送金を行います。海外送金の方法も口座開設キットに含まれております。
インターネットで着金を確認したら、再度弊社に口座番号をご連絡いただきますと、弊社より投資サービスの申込をいたします。投資サービスの申込が完了した時点で(1週間から2週間で)ファンドや香港株の購入が可能になります。
(注意:現在郵送による投資口座の開設は見合されております。)

えったったのそれだけ!!

そうです。たったの5ステップで海外投資の扉が開かれます。面倒なことは任せてみませんか。
当社では、メールフォームでの入力を個人情報保護の観点から最小限にさせていただいております。お送りする書類に必要事項を書き込んでください。

香港に行かずに日本にいながら口座開設するならこちら≫

香港に行かずに日本にいながら口座開設するならこちら
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44623685

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。